電気料金を比較してから取り入れよう|自由化の罠に注意

バイオガスという選択

工場

バイオマスとの違い

再生可能エネルギーのひとつとして知られるのがバイオマス発電です。バイオマス発電は家畜の糞尿、食品廃棄物、木質廃材などの有機ゴミを燃焼して、その熱によって水を沸騰させ蒸気を使って蒸気タービンを回すことで発電を行うというものです。基本的には火力発電所の燃料を有機ゴミに置き換えただけのものです。一方でバイオガス発電は、バイオマス発電と同じ有機ゴミを燃料としますが、直接燃焼するのではなくバクテリアなどの力を借りて発酵させ、それによって発生したメタンや二酸化炭素といった可燃性バイオガスを取出して、そのバイオガスを使ってガスタービンを回すことで発電を行います。バイオマス発電では得られるものは電気のみで、さらに蒸気を得るためには大量の水が必要になります。さらに燃焼後の灰を処分する必要があるなど再生可能エネルギーといっても無駄が多いシステムです。しかしバイオガス発電の場合には発生したガスを使って直接タービンを回すので水の量も少なく、またガスタービンで発生する熱を使って温水を利用することも可能です。また有機ゴミは発酵後は液肥や堆肥として利用することができます。一方でバイオガス発電を導入するには、実績に優れた業者である必要があります。バイオガス発電にしてもバイオマス発電にしても、プラントの品質が大きく影響しますし、また運用ノウハウを理解していなければ、せっかくバイオガス発電を導入しても予想通りの発電量を得ることは困難です。特にバイオガス発電を行う業者では事業採算性を計算し将来的に持続可能な発電ができるかを予測できる業者を選ぶ必要があります。