電気料金を比較してから取り入れよう|自由化の罠に注意

家庭用電気料金を考える

コンセントと積み木

今まで電力会社は地域によって決まっており選択が出来ませんでしたが、2016年4月より電力自由化がはじまりました。この電力自由化により新たな会社が参入してきており、新電力と呼ばれています。この新電力と呼ばれている会社はガス会社や電話会社や石油会社・旅行会社などを行っている会社です。電力会社が多くなった事により、利用者は好きな電力会社を選択できるようになりました。電力会社は各社様々なプランを展開しており、会社を選ぶだけでなくプランも選択できるようになっています。新電力はクリーンなエコエネルギーを利用した電力を利用するなど独自性を打ち出しています。電力自由化により電気料金の競争が激しくなりましたが、新電力の大きな特徴は電気を使えば使うほど既存の電力会社よりも値段がやすくなるような仕組みとっているケースが多く、どの程度安くなるのかインターネットで比較するが出来るようになっています。また電力だけでなく、電力自由化で大きく変わった点はセットでの割引です。これは新電力が展開している既存サービスとのセットで電気を利用すれば安くなるものです。普段利用している携帯電話やガソリンとのセット、またはケーブルテレビやガス等と新たな新電力を組み合わせする事で電気料金のみならずポイントや電話・ガスやガソリンの基本料が安くなる等のサービスを受ける事が出来ます。電力会社の切り替えは手軽に行う事が出来ますが、各種様々なサービスがありますので自分にどのサービスが合うかをしっかり比較検討する必要があります。