電気料金を比較してから取り入れよう|自由化の罠に注意

バイオガスという選択

バイオガス発電はバイオマス発電とは異なって有機ゴミを発酵させメタンなどの可燃性ガスを作り出してそれをガスタービンで直接燃焼して発電する方法です。メリットとしてはバイオマス発電と比べて効率がよくまた熱によって温水を得ることができ、発酵後の有機ゴミは良質の肥料として再利用することができます。

家庭用電気料金を考える

電力自由化は2016年4月から行われました。これにともない様々な業態の会社が電力事業に参入し、新電力と呼ばれています。新電力の参入で多くのプランが出来た事で利用者は比較検討して選ぶ事が出来るようになりました。さらには様々な業態とのセットで料金が割引になるセット割なども展開しています。

業者のサイトを探してみる

電力自由化によって電気会社を変える人が増えてきています。そのためには業者の比較が大切です。業者を比較できるサイトを活用して選びましょう。また、電気やガス、電話、インターネット回線というように、全ての契約を統一するのもお勧めです。

電力自由化のその後

カップルと婦人

どこを重視するか

家庭向けの電力自由化がスタートして一年が経ちました。電力自由化により、民間も電力供給会社も参入できることから、サービス合戦が行われています。電気料金が安くなるためのサービスについて比較検討できる材料が増えることで、生活に適したプランを選ぶことができます。比較検討する材料として、電気料金を安くすることを一番に重視している場合もあれば、生活サイクルに見合ったプランを提供しているところと契約する場合があります。電気料金を最大限安くできるなら、どの会社でもいいという人もいるかと思いますが、注意すべきポイントがあります。それは、解約時に違約金を徴収されるプランがあることです。既存契約では、違約金がなくても、契約変更した会社のプランに違約金を徴収されることがあります。違約金を支払ってでも、電気料金を安くしたい方にもメリットがありますが、違約金をネックに比較検討する人もいらっしゃいます。そのため違約金が発生しない電力供給業者を探してみるのもいいでしょう。また生活サイクルに見合ったプランは、電気とプラスアルファのサービスがある点が魅力です。例えば、買い物のポイント付与サービスや割引など、生活サイクルにメリットがあるプランを重視して比較検討する方向で契約変更を決める人もいらっしゃいます。そのため、複数の電力供給会社を様々な観点から比べた比較サイトを見てみるのをおすすめします。それぞれのサービスの詳細を載せているので、どの会社が今の電気使用状況と合うかすぐに判断できます。